[brainers MAIL] そろそろセールスページ単独からファンネル化へ!

お得意様各位

おつかれさまです。

あなたは OTO という用語を耳にしたことがありますか?

ワンタイムオファーの略語です。

わたしがはじめて OTO を導入したのが2005年頃です。

実際の販売に導入するだけではなく OTO を実践するツールやノウハウなどの販売もしていました。

日本のマーケターの中には・・・

〇月〇日〇時〇分まで

などとカウントタイマーが回りながら、翌日再度そのサイトへ行くとタイマーが元に戻っているというなんちゃってオファーでした。

しかし、私の会社では確実に一度きりしか見ることができず、一度ページを閉じれば二度と見ることができないという本物の OTO でした。

そのような中で、お客様によっては電話をかけてきて昨晩観たのですが、質問したかったので一晩中パソコンの電源を切ることができなかったという人が何人も発生しました。

しかし、リーマンショック以来、OTO はその効果性を急速に失いました。

反応が悪すぎなのです。

昔は OTO のコンバージョンレートは50%以上などざらでした。

しかし・・・

最近は英語圏でも本物の OTO を復活する人が増えてきました。

徐々に OTO の効果性が高まってきているようです。

そろそろ、日本でもセールスページ単独ではなくファンネル化&自動化の復活です。

ファンネル化&自動化をすれば楽してより多くの売上を確保することができます。

さらに、ライセンス戦略を最大限駆使することもできます。

春からファンネル構築に着手です。

そのツールこそが Manoa から提供するツールなのです。

Manoa ツールはアラや売るマーケティングページを作成できる世界最高峰のビジュアルエディターであるだけではなくファンネル構築機能も実装しています。

そして・・・

Manoa ツールのファンネル構築スキルを習得することができるのは・・・

当然、Manoa だけです。


これからはファンネル化&自動化ですよ!

そうそう、今日最大級のボーナスが追加されましたよ!

それから、Manoa アーリーバードオファーは明日値上がりですよ!

今すぐ Manoa アーリーボーナスを購入するなら・・・

こちらをクリック

 

ありがとうございます。

小林正寿

[newssnippet id=”7″]

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。