[MK & PMN & brainers MAIL] お客さんが引いたコミュニケーションの引き金は濃い!

 

ブレイナーズの小林です。

ちょっと想像してみてください・・・

あなたが何かを売ろうとしたときあなたと見込み客との間におけるコミュニケーションの引き金を引いたのは誰ですか?

勿論、あなたですね。

プロモーションの引き金は常に売り手側が引きます。

だから・・・

なかなか開封してもらえない・・・

開封しても熟読し絵もらえない・・・

熟読してもリンクをクリックしてくれない・・・

こんな悩みが常について回るわけです。

 

でも・・・

もし、もしですよ・・・

相手が引き金を引いてくれるとしたら?

絶対開封してくれますね。

絶対精読してくれますね。

絶対リンクをクリックしてくれますね。

相手がコミュニケーションの引き金を引いてくれればコミュニケーションはローヤルゼリーのように濃くなります。

 

でも、そんなの物理的に無理だよ・・・

あなたの声が聞こえてきます。

でも、無理ではないのです。

 

それは・・・

サポートセンターを設置することです。

いかがですか?

サポートセンターを純粋のサポートだけではなく営業の場にも使うことができるのです。

お客様からの相談を受けて商品ラインを提案。

お客様のちょっとした相談内容に含まれた内容からの提案。

サポートセンターでは真摯にお客様の問題解決に努めるべきです。

そして・・・

問題解決が完了した時点でお客様の隠されたニーズなどに気づけば提案を行うことができます。

 

あなたはサポートセンターを設置していますか?

もし、まだなら Kau へ Como TRIAL DEAL を設置しました。

Como TRIAL DEAL

 

 

ありがとうございました。

小林正寿

 

// お得な Kau ディール //

現在 Kau から提供されているお得ディールは下記リンクより確認することができます:

DEAL VAULT

圧倒的なお得をお約束します。

 

 

 

 

 

 

[MK & PMN & brainers MAIL] お客さんが引いたコミュニケーションの引き金は濃い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です