[MK & PMN & brainers MAIL] 必負の商品開発法

投稿日:

 

ブレイナーズの小林です。

 

先ほどセブンイレブンの鍋うどんをつくってランチを済ませました。アルミの鍋に入ったやつです。コレ、安くてまあまあの味なので時々食べてます。

 

今朝、Designrr サイトの法律文書掲載ページを作成していたら・・・

昨日作成したトップページが白紙になってしまいました。

なぜ?

気を取り直してとりあえず格好をつけてあります。

 

さて、必負の商品開発法ってご存知ですか?

それは・・・

まず、商品を開発してから・・・

誰に売る?

どうやって売る?

と進む商品開発です。

 

ここで原点に戻りましょう。

何のために商品を開発するのでしょうか?

それは・・・

お金を儲けるためです。

その他、色々あるかもしれませんが、メインの理由を1つ選べば儲けとなります。

 

だから・・・

商品を開発する前に誰に売るのか、そしてどのように売るのかを明確にします。

 

プロデュースという発想が必要です。

そして、営業部門的な発想も必要です。

 

商品を自分で開発するときのリスクは・・・

自分の商品に恋をすることです。

これ厄介です。

 

商品に対しては、ある意味、割り切りが必要です。

そして・・・

造ったものを売るのではなく・・・

売れるものを造ることが重要ですね。

 

売れるテーマが決まれば、具体的な商品開発ですが、単層ではなく重層的に検討することが重要です。

言い換えると、単品ではなく複数商品から構成するセールスファンネルの発想が重要です。

このどのように売るのかという視点にセールスファンネルの発送を入れることで商品開発にエッジが効いてきます。

 

あなたも徹底的にセールスファンネル構築を体で覚えませんか?

 

A STAR IS BORN 2018

 

ありがとうございました。

小林正寿

 

// お得な Kau ディール //

現在 Kau から提供されているお得ディールは下記リンクより確認することができます:

DEAL VAULT

圧倒的なお得をお約束します。

 

 

// brainers への連絡方法 //

弊社へのお問合せはサポートセンターで承っています。電話での応対は致しませんので事前にご了承ください。また、弊社の電子メール宛にダイレクトにメールを送信された場合、そのメールへの返信は保証しません。(お客様のサーバー側で受信を拒否することがあります。)

サポートセンターへアクセス

 

*万が一サポートセンターが正常動作していない場合、下記選択肢がありますので必ず連絡を取り合うことができます:

  1. support@kau.tokyo へメール
  2. Facebook メッセンジャー
  3. Skype(ユーザー名 brainersmatt)
  4. 携帯電話:090-3250-5955

上記4つのオプションはサポートセンターが正常に機能していないときだけにご利用ください。