[brainers MAIL] [ケーススタディー] 最悪のサポート体験

 

ブレイナーズの小林です。

 

 

なんかどんよりとした朝です。雨が降りそうで降らないはっきりとしない空模様ですが、気温が低いので自転車も快適です。

 

今朝は、近年珍しい最悪のサポート体験をシェアしたいと思います。

わたしがここ何年か愛用しているクラウドベースのツールサービスがあるのですが、突然、正常動作しなくなったので一日様子を見て再チャレンジしたのですが駄目でした。

そこでメンバーエリアにあるサポートというリンクをクリックしたら・・・

ページが存在しないという表示!

仕方ないので参加時の領収書を探して電子メールアドレスを発見したのでそのメールアドレスへ助けを求めました。

すると・・・

自動返信メールでサポートは〇〇@□□へと知らせてきました。

仕方がないのでその電子メールアドレスへ再度連絡すると・・・

サーバーが受信を拒否してきました。

 

これ、最悪のサポートですね。

仕方なく見切りを付けようとしたら・・・

正常動作するようになったのでまた使っています。

でも・・・

同じサービスを提供している有料業者を探し始めました。

 

やっぱりサポート体制は大切ですね。

 

話は変わりますが、あなたがきっと拒否できない倶楽部となりますよ。

今すぐその倶楽部のアップデート登録

 

ありがとうございました。

小林正寿

 

 

 

 

 

[brainers MAIL] [ケーススタディー] 最悪のサポート体験